悔し泣き

実は私、作業療法士という仕事をしています。

 

患者さんと作業を共有して、作業を治療に使う仕事です。

 

そして、1歳ちょっとの子供が居ます。

 

仕事復帰してから早4ヶ月。

もう、感情移入しない。

 

症例集めのため。

ただ働けば良いって決め込んできましたけど。

 

結局、その人がしたい作業を応援したいのが性分みたい。

 

食べる事一つとっても、どこで誰とどんな風に、誰が作った物を食べるか。

 

そこに思いはあるのか。ただの栄養摂取なのかどうか。などなど思いはあるわけでして。

 

それをできうる限り、自己効力感も高めつつやって行ければって感じなんです。

 

まぁ、でも、言ってしまえば、患者さんの今後の生活がどうなろうが私は死ぬわけでも無いし、どうでも良い。

 

でも、たのしみを持って生きたいと思う人にはそうできるように、知識を使う。

 

ただそれだけ。

 

それも満足にできない、背景を踏まえての作業ができないとなると、方針が違うんでしょうね。

 

って事になるわけです。

 

私は、久しぶりに自転車をこぎながら泣きました。

 

というだけの日記

 


f:id:taiwasemikatu:20170914200247j:image