たび

子宮のさわり方講座の日、

 

子供と早めに床につき、子宮さんとゆっくりお話ししたの。

 

とーっても、長い旅

 

今回は前世を見せてくれました。

 

一つ前のはもう忘れてしまったけど、

 

二つ前のは、奈良時代くらい。

川辺にある光の入る洞窟に閉じ込められていた。

みちのよげんをするために外には触れさせないンだって。

寂しかったけど、自然が友達だった。

 

三つ目に移動するときは、たつの背中にのってとおーくとおーくに飛んでいった。

まだー?ねぇねぇまだー?って何回もたつに聞く。

どんだけ私は子供なんだと内心ドキドキしながら過ごすの。

 

連れてってくれた先は、小屋のようなところ。生まれるとき、双子だった。

立役者でかわりばんこ。名前は二人で一つ。

あぁ。私は、釈迦じゃなかったのか。残念  って思うと同時に、ちょっとまだ言う勇気無い人だった。

 

導くんだよ。手を当てるだけで可能性が光るでしょう。って。

 

私は前世も治す人じゃ無かった。←ないものねだり

 

でも、道をひらいて、ひかりをかざすんだ。

 

何が見えても良いし、何を感じたっていい。

 

繋がりを作っていく。それが少しわかった気がする28歳のなつ。